浄土真宗 十方会
本文へジャンプ
葬儀式について


葬儀式 その他の法要について

生きとし生きているものには必ず終わりがあります。
肉親や日頃から親しくしていた人の死ほどつらく悲しいものはありません。
人生最後の儀式とは、念仏者にとって葬儀とはいったいどうゆうことなのでしょうか。
私たち浄土真宗の門信徒にとって、臨終から葬儀にかけての一連の仏事は、亡き人への永遠の別れを告げる(告別)儀式ではありません。
死を悼み、遺徳を偲ぶ心のなか、み仏のおはからいによって、再び会える世界(お浄土)への思いを確かめあう法会なのです。

【臨終勤行】(枕経)
臨終を迎えると、一般に枕経がつとめられます。
浄土真宗では正式には臨終勤行と呼びます。
臨終勤行とはいのち終る時、念仏者が最後にもう一度、これまでの聞法の生活を総まとめする意味での読経です。
出来れば本人がそれを行うべきですが、残念ながら病院などで臨終を迎える方が多い昨今、静かにお経を読むことが出来ないことが多くなっています。
自宅に帰ってから住職及び近親者が集まり、その方に代わっておつとめをするのです。
このことらも、お勤めはお仏壇すなわち、ご本尊にむかっておこないます。
当然お仏壇の扉を閉じたりはしません。
もしお仏壇がまだ安置してない場合は、住職にその旨を知らせてください。
臨終勤行の際には、どのお経を唱えてもよろしいのですが、一般には 「是人終時 心不転倒 即得往生 阿弥陀仏 極楽国土」
(この人〈命の〉終る時に臨んで心転倒せず、即ち阿弥陀仏の極楽国土に往生することを得る)
の文のある『仏説阿弥陀経』を唱える事が多いようです。
お仏壇の荘厳(お飾り)
緊急の場合ですからお荘厳は平常のまま。
ただ古い因習の影響によって「花は赤を除き、打敷及び戸帳は白か銀にし、花はしきみか青木のものと取り替える」とされておりましたが、あえて変える必要な無いと思います。
普段色花によって仏様のみ教えを表現されていたり、白にこだわる穢れ思想をおかしく思うからです。
お灯明をつけ、香をたきます。
お仏飯は普通の仏飯器に盛ってお供えします。
茶碗に盛ってハシを立てることはしません。このことは枕飾りでもしません。
死者に対して、仏様を荘厳するための仏具(三具足)などを配したりせずに、お仏壇の荘厳を正しくおこないましょう。
もちろんお焼香も死者に対しておこなうのではなく、ご本尊、お仏壇に対しておこないましょう。
このことから考えて、枕飾りというものは必要ないと思われます。
日時の決定 葬儀の日時は、住職を中心に、主だった親戚や地区の世話役・葬儀社に相談して決めます。
お念仏に生きる真宗門徒は、友引などの迷信にこだわりません。
(友を引くと書き、その日に葬式をすると、死者がこの世の人(友)を引っぱり、さらに死人が出るというまったくたわいもない文字の連想であり、仏教的には何の因果関係もありません。 もともと「友引」は「共引」と書かれていて、中国の諸葛孔明が「今日戦えば共に引き分ける」というような戦略のため、兵隊に説を説いた為と考えられています。 根拠のないことにふりまわされてはいけません。)

【通夜勤行】
葬儀の前夜には、通夜勤行をつとめます。 この夜は、故人の遺体が存在する最後の夜であり、従って故人にとって最後のお夕事(夕べの勤行)の意味をもち、近親者や知人が、故人を偲びつつ如来様のみ教えを味わう行事です。
お経は、「正信偈」か、もしくは「阿弥陀経」でよく、大切なことは皆がいっしょにお聖教、聖典をひらいて、たとえ一句半言でも、ともに声を出しておつとめをすることであります。
なを、通夜ですから、厳密にいえば夜通しです。 朝までお経の声、お念仏の声が絶えないのであれば、さらに結講なことであります。

【葬儀式】
「出棺勤行」(内勤め)
出棺勤行とは、故人の棺が住みなれた我が家を出発して葬場(荼毘所)に向かうにあたり、家庭のお仏壇に向かって、住職・家族らと共に行う、お別れの勤行です。
剃髪式・おかみそりについて 出棺勤行に先立って、住職が柩の中の故人に対して剃髪式(一般に“おかみそり”と言う。厳密には僧侶となる儀式)を行う場合があります。
(おかみそりは納棺勤行や通夜勤行のときに済ませておくこともあります)
この儀式は生前に僧侶であった者、
および帰敬式(ご門主によって剃髪の形を行っていただき、仏弟子としての宣誓をする儀式)を済ましていた人
の場合には不要です。
浄土真宗の教えは、私たちが仏の国に生まれることは、生前、阿弥陀如来の本願(一切の衆生を仏の国に救い取らんとの誓願)を信じ、念仏を喜ぶときに定まります。
これを平生業成と言います。
このとき以来、日常の生活がそのまま仏の国に通じる道中なのです。
だから、生命の終わった時に特別の儀式を行って浄土に往生したいと祈る必要も、導師に“引導”をわたされて仏の国に導かれる必要もありません。
ただ、生前に帰敬式や得度(僧侶になる訓練と儀式)を済ませていない人に対しては、出家する儀式、“おかみそり”を行い、法名(仏弟子としての名前)をつけ、出家者として敬意を表するのです。
だから遺体は白衣を着用し、柩は浄土真宗僧侶の最高の礼装である七条袈裟で覆う訳です。
出棺勤行のお勤めは「帰三宝偈」(十四行偈)です。

「葬場勤行」
勤行は「正信偈」です。
本来、臨終・納棺・通夜の各勤行・ならびに葬儀当日の出棺勤行までは故人の自宅で行い、葬列を組んで火葬場(葬場)に向かい、そこで葬儀(葬場)勤行を勤め、そのあと、荼毘に付する直前に、火屋勤行を勤めていました。
近年、通夜・出棺・葬場勤行までを一括して家または会館で行い、火葬場に向かい、そこで火屋勤行を行うことになり、本来の形式とのずれが出てきました。
火屋のお勤めは重誓偈です。
浄土真宗以外の葬儀に参列したときは、社会人としての立場と、浄土真宗の門信徒であるという自覚の両方が大切です。
社会人としてはあくまで葬家が信奉する宗旨の儀式を尊重しなければならないでしょうが、かといって題目や真言など進んで唱える必要はありません。
どこえ行ってもお念仏を心がけるべきであります。
弔辞などで「ご霊前」「み霊」「どうぞ安らかにお眠り下さい」「冥福を祈る」「草葉の陰」「天国」などの言葉は浄土真宗の門信徒としてふさわしくありません。
お浄土で仏さまとなられた故人は、休むことなく私たち衆生を真実に目覚めさせようとはたらきずめに、はたらいて下さっているのです。
なを、出棺のさいに故人が日頃使っていた茶碗を割る・清め塩などは仏式の葬儀にふさわしくありません。

【野帰り】
火葬の間、近親者少数は火葬場で待機し、他は家にもどり勤行をする地方があります。
この際の勤行は一定していませんが、「阿弥陀経」(または「正信偈」「短念仏」、「回向」です。

【収骨勤行】
火葬場で遺骨を拾って壺に入れ・木箱に納め、白布で包み卓上に安置して行う場合があります。
そのお勤め際、三つ折の懐中名号(携帯用の名号=南無阿弥陀仏=本尊)をその木箱の前に立てて燃香または焼香し、お勤めをすることがあります。
お経は「讃仏偈」です。 収骨に当たってお骨を多くの有縁の方々に分ける事は、釈尊の御遺骨を、ご縁のあった八つの地方に分骨したとの故事にも合致し、大へん結構なことです。
お骨を縁として各家々でお念仏が盛んになるからです。

【還骨勤行】
遺骨が家に還ってくると、お仏壇を荘厳し、中陰壇を舗設し遺骨を中陰壇の前に安置して、勤行します。 お経は「阿弥陀経」「念仏」「和讃(観音勢至モロトモニ・・・安楽浄土ニイタルヒト・・・)、「回向」「御文章」(白骨章) 〔蓮如上人〕が多いようです。
〔白骨の御文章 原文〕
それ、人間の浮生なる相を・つらつら観ずるに、
おおよそはかなきものは・この世の始中終・まぼろしのごとくなる一期なり、
されば、いまだ万歳の人身を受けたりということをきかず・一生過ぎやすし、
いまにいたりてたれか百年の形体をたもつべきや・われや先人や先・今日ともしらず明日ともしらず、
おくれさきだつ人は・もとの露よりもしげしといえり、
されば、朝には紅顔ありて・夕には白骨となれる身なり、
すでに無常の風きたりぬれば・すなわちふたつのまなこたちまちに閉じ・ひとつの息ながくたえぬれば、
紅顔むなしく変じて・桃李のよそおいを失いぬるときは、六親眷属あつまりて・なげきかなしめども・さらにその甲斐あるべからず、
さてしもあるべきことならねばとて・野外におくりて、
夜半の煙となしはてぬれば・ただ白骨のみのこれり・あわれというもなかなかおろかなり、
されば、人間のはかなきことは・老少不定のさかいなれば、たれの人も・はやく後生の一大事を心にかけて、
阿弥陀仏をふかくたのみまいらせて・念仏申すべきものなり、
あなかしこ あなかしこ

(口語訳)
  そもそも人の世の浮き草のような様相を、よく観ていると、何といって果敢無いものは、この世の生から死までの幻のような一生であります。
  だから、これまで、一万年も生きた人が居るということを聞いたことがありません。
  まことに人生は、あっという間に過ぎ去ってしまいます。
  このような時代に、一体だれが百年の生命を保つ事が出来るのでしょうか。
  私が先に死ぬのでしょうか。
  他人が先に死ぬのでしょうか。
  死の訪れは、今日かも知れず、明日かもしれません。
  遅れて死ぬ人、さきだつ人、いずれにしても死ぬ人の数は、草木の根もとの澪、葉の先端に宿る露よりも多いと言われています。
  だから私たちは、朝には元気で居たのに、その日の夕方には死んで白骨となってしまっても、決して不思議ではない身の上なのです。
  ひとたび無常(死)の風が吹いて来れば、その場で双方の目は閉じ、呼吸が永遠に途絶えてしまったならば、血色の良かった顔も変わり果て、桃季の花のように美しかった姿も消え失せる時は、父母兄弟妻子親戚など集まってどれほど嘆き悲しんでも、さらさらその甲斐などあろう筈がありません。
  泣いて許りもしてはおられないという訳で、野辺の送りをして夜中の煙としてしまえば、ただ、白骨だけしか残りません。
  悲しいといっても、こんな悲しいことはありません。
  だから、人の世は果敢無く、老少不定(年長者が少い人より先に死ぬとは定っていないこと)の境界なのですから、だれでも、どうぞ一時も早後生の一大事(死後どうなるかという大問題。み仏の国、お浄土に生まれさせていただく事)
  を心がけて、阿弥陀如来に深く帰依し、念仏の生活をお送りください。
  あゝ勿体なや、勿体なや。

【中陰法要】
中陰は、命日から数えて四十九日の期間のことであって、七日めに行う法要を初七日といい、以後七日ごとに、二七日・三七日・・・七七日(四十九日)の満中陰までの仏事のことです。
浄土真宗に於いては、衆生は如来の願力(働き)によって命終のとき、即時にお浄土に往生して仏に成らせて頂くと示されています。
あくまでも、お勤めは故人の死を機縁として、み仏の徳を讃え、わたしたちが仏法への味わいを一層深めて、やがて亡き人とお浄土で倶に一処に会わせていただく(倶会一処)思いを確かめ合う法要なのです。
火葬の後、自宅に戻ってきた故人の遺骨は、仏壇の横に中陰壇を用意し安置します。
その中陰壇には三具足(花瓶一つ・蝋燭立一つ・香炉一つ)・お供物を飾り、遺影(写真)を置き飾りすることが多く行われてきました。
しかし遺骨も遺影もお亡くなりになられた方の、この世の名残りです。
三具足は仏具であるため、本来仏様(死んだ人のことではありません)の前に置くものですから中陰壇にはそぐわないでしょう。
またお供え物も仏前に供するものですから必要は無いと思われます。
このような考えから、中陰壇には遺骨と遺影のみを置き、亡き人の周囲をきれいに飾りたいという気持ちがありましょうから、日常使われている花瓶にお花を入れられ置かれるのも良いかと思います。
このように本来浄土真宗としてあるべき荘厳と、他宗や他思想や感情に影響を受け当然のようにして行われてきた荘厳をどのようにすべきか、住職とよく相談し、それを考えることが本来の浄土真宗を考えるご縁となることを慶ぶべきでしょう。
いずれにしても、ややもすると中陰壇の方に目がいきがちですが、あくまでお仏壇が中心であることを、忘れないでください。
満中陰までの期間について 中陰に関して、古来様々な習慣や迷信がありますが、正しい信仰を身につけましょう。
地方によっては女性の場合、五七日(日)で満中陰にすることがある。
これは男性と比べ女性を軽くあつかった昔の考え方が根底にあるようです。
或いは、『大無量寿経』・四十八願の三十五願が女性のための誓願(女人往生の願)なので、そこに根拠をおくとの見方もあります。
正式に男女平等に七七日・四十九日をもって満中陰とすべきです。
満中陰が命日から数えて三ヶ月またがると、「始終苦が身に付く」などといって、これを嫌い、中陰を早目に切り上げようとする迷信がありますが、友引同様(友を引く)に、言葉遊びにしかすぎません。
または、満中陰志の商品を早く売り込もうとする販売合戦のあおりともいわれています。

【納骨】
満中陰がすめば、中陰壇を取り払いお仏壇の荘厳も平常時にもどします。
遺骨は、お墓や大谷本廟に納骨します。
せめて一周忌までお骨を家に置いておきたいと願われる場合には、お骨はお仏壇の中へ納めることになるのですが、骨箱(骨袋)を最上段の中央に置いて御本尊の前をふさがぬように、一段下の須弥壇わきか、そこが狭ければその上か下に安置します。
納骨にさいしては、前もって、おわかれのお勤めをし、お墓におさめます。
遺骨は大谷本廟に納骨するのですが、先立って遺骨を奉持して御本山にお参りするのは結構なことです。
大谷本廟の納骨には、祖壇納骨(宗祖親鸞聖人の御遺骨を安置した壇のそばに納骨する事)と無量寿堂納骨とがあります。
いずれも当日、本廟会館の事務所で手続きをし、納骨のお勤めをすましてから納骨いたします。
納骨に際して、お寺(住職)の証明書を必要とします。
いずれにしても、御本山や本廟に参詣、納骨のときは、前もって手次寺に相談して下さい。

【墓】
お墓とは、故人を敬い讃えたいとの思いから遺体・遺骨・その他の遺品(髪・爪など)を納める記念碑です。
・ 一般の社会で流行している墓相学は迷信です。
・ 浄土真宗で定まった墓碑の形式はありません。自由です。
・ 石碑の正面には「南無阿弥陀仏」か「倶会一処」を刻み、家名を刻む時は一段下に○○家の墓と刻めばよいでしょう。
・ 正面が六字尊号でない場合は、墓参に際して懐中名号を持参して、適当な場所に安置して礼拝いたしましょう。
・ 観音像・地蔵像・宝塔などは建てません。
  帰依する仏様は阿弥陀如来一仏です。
・ 墓碑の傍らに「霊標」と称して家族名を連ねた石板を建てているのを見かけますが「霊標」は浄土真宗には用いられない言葉です。
 「法名碑」あるいは「○○家倶会一処」程度が望ましいです。
・ 墓碑が完成すると、適当な日に(日に良日・吉凶はありません)建碑法要(落慶法要)を墓前でお勤めします。
 その際お骨を納める、納めないは、自由です。

 百ヶ日法要 (命日から数えて百日目の法要)
 月忌法要(毎月の命日)  祥月(年一度の命日)
 年回法要
  一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌・二十五回忌・三十三回忌・五十回忌・百回忌法要

お勤めのお経は、地方によりことなります。