先祖供養について

一般的に考えられていること

1.「ご先祖を供養すること」が宗教行為だと思っている人が多いのでは?

2.私と宗教との接点は、お墓参りとか、○○さんの年回法要といったことからでは?

3.先祖のおかげで「今のわたし」がいる。先祖のまつりごとをしないと、何かたたりが
  おこるかも?
            ということではないでしょうか。


仏教、その基本的な考えというのは

1.仏教はいうまでもなく、お釈迦様の教えです。
  と同時に
  このわたしが「仏になるみ教えです」

2.「人生は苦なり」という実感がお釈迦様の心を揺り動かしたのです。

3.わたしの「苦」これを「迷い」・「煩悩」といいます。
  この迷い(煩悩)を転じて悟りを開く(転迷開悟) これが仏教の目的です。
  どんな仏教でもそうです。


浄土真宗では「先祖供養」を、どのように考えるか。

1.親子・兄弟・力合わせて仲良く暮らしていきたい、いかねば、と思っているわけです
  が、
  何かの縁があれば、憎しみ合う関係になるのが、わたしの姿です。(縁起の世界)

2.朝、笑顔のわたしが、縁あれば午後は苦虫つぶした顔つきになる、そんなわたしに
  先祖を供養する「力」は何ひとつ持ち合わせておりません。

3.「月命日のお参り」や「年回法要」で「お経」をいただくわけですが、決して亡くなった方
  のためではありません。
  わたしが「仏になる」そのご縁を亡くなった方が作ってくださっているのです。
  けれど信仰の対象ではありません。「お経」はこのわたしのためにいただくのです。

4.亡くなった方と同様にわたしも「往生浄土」の歩みをさせていただきます。
  というお念仏相続の姿が法要です。

5.先立ったご先祖が残りし者を困らす(たたる)ようなことは断じてありません。
  むしろ「お念仏を喜んでおくれよ」「後生の一大事を心にかけて日々暮らしておくれよ」
  の姿です。

○○日に亡くなった方のまつりごとができていません。
 あなたのお家が上手くいかないのはそのせいです。
 なんとかしなければこれからますます・・・・という言葉で迷わす事が後を絶ちません。
 この内容は宗教ではありません。
 人の弱みにつけ込んだ、商売に他なりません。)


参考
 浄土真宗では次のような言い方・考え方はしません


○追善供養       煩悩いっぱいのわたしにはできません。
○除霊供養・御霊前  霊の考え方はお釈迦様の考え方にはありません。
○冥福を祈る      冥福の意味は「迷いの世界」です。
○お守り・お札     祈願・祈祷という考えはしません。
              ちなみに、お守りが売っていないお寺は「浄土
真宗」だけです。

浄土真宗 十方会
本文へジャンプ
先祖供養について